リトルな日々

現代の珈琲事情

こんにちは。

最近「サードウェーブ」という言葉を
ちらほら、マスコミなどで取り上げていますね。

「第3の波」直訳
新しいコーヒーの歩みが来ています。

米国カリフォルニアから、「品質重視」の流れです。
b0182709_70127.jpg

「第1の波」=大量消費

「第2の波」=国際化(スタ☆バ☆クスに代表されるシアトル系??)

「第3の波」=品質重視

さて、その「サードウェーブ」特長は・・・

「シングルオリジン」=単一産地の農園豆を楽しむためブレンドしないで飲む

「浅煎り焙煎」=高品質な豆の風味をなるべく損なわず苦みを極力をさえる

「ハンドドリップ」=人の温もりを感じるホスピタリティ

などがあげられています。

個人的には、昔からブレンドよりも単一のまま飲むのが好きですが
その人が美味しいと思う味を見つけて楽しむのが良いですし、
ブレンドでもかまわないと思います。
b0182709_703645.jpg

焙煎も豆の個性がよく解るのは、確かに「浅い焙煎」です。
しかし、珈琲は嗜好品です。
「深い煎り」のほろ苦い香りがと味が
お好きならそれが一番良いと思います。

ただ、最初は「浅い焙煎」に酸味を感じていた人たちが、
豆本来の味、単一農園などが作る品質の美味しさに目覚め始めて
増えていることも事実です。
日本人は昆布だし、鰹節を使い、古くから旨み成分を
追求して生きてきましたので、味覚感覚が研ぎ澄まされいて
味の違いが良く解るかとのかなと思います。
また、コーヒーになにも加えず飲むということに
違和感はほとんどないと思います。

我々、自家焙煎の珈琲屋からすると、多少の流行はあるにせよ
昔から変わらずやっていることなので、ありがたい時代の流れです。
「ブル☆ボトル」などに代表されるこれらは
ファッション的には、洗練されて新しく感じることですが
ハンドドリップなどや、お客様をおもてなしする姿勢などは
昔ながらの日本の喫茶店に、かなり影響されていますので、
足元から、本質をしっかりと見て、日本人の良さ再認識して
いかなければならない時代に来ているのだなぁと思いました。

N.C
[PR]



by littlewing2000 | 2015-03-06 03:07 | リトルウイング珈琲 | Comments(0)

リトルウイング珈琲のこと。  ブルーデイジーのこと。
by littlewing2000
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

公式サイト

リトルな日々
リトルウイング珈琲
公式サイト

最新のコメント

> sahne-mizさ..
by littlewing2000 at 09:58
コロンビアシリーズ、とて..
by sahne-miz at 00:35
sahne-mizさん!..
by littlewing2000 at 15:42
sahne-mizさん。..
by littlewing2000 at 15:37
マスターのさくら第二弾だ..
by sahne-miz at 01:47
へー!IKOさんのお店さ..
by sahne-miz at 01:45
さをりひろば工房まちさま..
by littlewing2000 at 11:49
いつもお世話になっていま..
by さをりひろば工房まち at 13:58
ありがとう!今年は、ケニ..
by littlewing2000 at 12:48
sahne-mizさん!..
by littlewing2000 at 12:44

検索