リトルな日々

復活

先週の木曜日から、焙煎機が不具合になり
思うように、豆を煎れな状況だったのだが、
日曜日には部品も届いて、復活。

焙煎機製造の職人の方、対応が敏速で、感動いたしました。
さっそく、試運転も兼ね、「ガテマラ」 を焙煎再開。

さて焙煎とは、生豆を煎るのですが、珈琲豆の焙煎度合いと
言われてるものがありまして、業界では、8段階に分けれて
いるのだけれども、非常にアバウトに申しまして、ここではナント、3段階。 

  1・浅煎り 2・中煎り 3・深煎り、であります。 

1・浅煎りは、水分が少し残り、酸味があり、カフェインも多いです。
2・中煎りは、水分がほど良くぬけて、味はマイルドなります。
3・深煎りは、水分が少なく、苦味が強く、酸味は少なく、カフェインも少ないです。

焙煎度合いをどこにするかは、長い長い、貨物列車のようなもので、答えは多分ない。

非常に自己中心的な、解釈だけれども 
1・浅煎りは、アメリカ(カフェインを必要として、ガブ飲みするところが似合う。今はスターバックスの影響で、変ったが)
2・中煎りは、日本  (どちらにもつかない、無難な感じとダシをとったりして、味覚が繊細なところ)
3・深入りは、ヨーロッパ(軟水が少なく食べ物も、油をつっかたものが、多いところ)

ちなみに、アメリカンコーヒーというものは、浅煎りの豆を使います。そのむかし、
イギリス軍から紅茶の葉を輸入禁止された、アメリカ軍がコーヒー豆を浅く煎って
紅茶の代わり飲んでいらしい。浅煎り豆は、カフェインも多く含まれ、科学的には、
深煎りの苦味の強いコーヒーよりも目が覚めると言われてます。

目を覚ますには、アメリカン うすめたらダメよ。

b0182709_1435360.jpg



豆計っているとき 「おっ」 と思うことがたまに。
 
[PR]



by littlewing2000 | 2009-06-02 02:15 | リトルウイング珈琲 | Comments(0)

リトルウイング珈琲のこと。  ブルーデイジーのこと。
by littlewing2000
プロフィールを見る
画像一覧

公式サイト

リトルな日々
リトルウイング珈琲
公式サイト

最新のコメント

さをりひろば工房まちさま..
by littlewing2000 at 11:49
いつもお世話になっていま..
by さをりひろば工房まち at 13:58
ありがとう!今年は、ケニ..
by littlewing2000 at 12:48
sahne-mizさん!..
by littlewing2000 at 12:44
おお!企画中ですか!!今..
by sahne-miz at 23:44
ひとつひとつ、手作り!私..
by sahne-miz at 23:42
> U子さん 本当にね..
by littlewing2000 at 09:24
ものすごくたくさんのエネ..
by U子 at 19:21
sahne-mizさん。..
by littlewing2000 at 14:24
sahne-mizさん!..
by littlewing2000 at 11:23

検索